学生が親にバレないでお金借りれる唯一の方法のカードローンとは?

学生でも親バレ無しでお金借りれるカードローンはおすすめ

最短即日で審査が完了!急な出費でも条件さえ満たせば借り入れ可能!

学生が親にバレ無いでお金借りれるカードローンとは?

アルバイトしているけど、突然の出費でお金が足りない!

 

学生でもどうしてもお金が必要な時ってあるはずです。
次のアルバイト代が入ってくる前に、どうしても工面しないといけない場合、親に頼れる人はいいですが、親や兄弟に頼れないけど、お金が必要な時はどうしたらいいか困りますよね。

 

そんな時に役立つのが学生向けのカードローンです。
学生は金融会社からお金を借りれないと思っていませんか?
アルバイト収入があるなどの条件さえ満たせば、学生でも借り入れをすることは可能なのです。

 

今回は、アルバイトなどで収入のある学生に向けた学生カードローンについて詳しくまとめてみました。

 

 

学生におすすめのカードローン会社

プロミス
プロミス

初めての申込なら30日間の無利息期間が利用できるので、少しだけ借りたい人、短期間で返済可能な人におすすめです。

年率 利用限度額 融資
4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短1時間で可能

24時間いつでも申込め、最短即日融資も可能です。
WEB申し込みで来店せずに手続きを済ませることもできるので、学校やバイトの合間に簡単に借入れ手続きができます。

アコム
アコム

初めての申込みの方は、契約日の翌日から30日間は利息がかからないので、無利息期間内に返済できれば利息は0円で借りることが出来ます。

年率 利用限度額 融資
4.7%~18.0% 1万円~800万円 最短即日

審査は最短30分、即日融資にも対応しています。
3秒診断を利用することで申込前に融資の可否を調べることができます。

新生銀行カードローンレイク
新生銀行カードローンレイク

平日14時までに手続き完了で即日融資が可能なので、急にお金が必要な場合に役立ってくれます。

年率 利用限度額 融資
4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短即日

申し込みはインターネット、カードは自動契約機で受け取ることが出来るので自宅に郵便が届くこともありません。
初めて利用する方は、2種類の無利息期間が利用可能です。借入前の返済シュミレーションで事前確認可能なので安心して利用できます。

 

 

学生がカードローンでお金を借りる流れ

カードローンの申し込みは店舗窓口や自動契約機、電話はもちろん、パソコンやスマホからでも行えます。
審査に必要な書類は、カードローンによってはスマホのカメラで書類を撮影し、それを送付すればいいというところや、FAXを使うところもあります。
店舗にいちいち出向く必要もなく、最短即日で審査が完了することも可能なので、より早くお金を借りることができ、非常に便利です。

 

それぞれのローンによって多少違いはありますが、だいたい次のような流れになります。

 

まず申し込みフォームに必要事項を記入します。
これは、名前や住所、電話番号、生年月日、学校名、アルバイト先といった内容になります。そして免許証や学生証などを提出し、審査を待ちます。

 

待ち時間はそれぞれのローン会社にもよりますが、最短で30分から1時間程度で完了する場合もあれば、すぐには審査完了できないと判断されるケースもあります。
アルバイト先に在籍確認の連絡がいくことがありますが、学生の場合は一般的に職場への在籍の確認が行われる事はないようです。
もし電話をする場合でも、カードローン会社名ではなく個人名で電話されるので、不審に思われることもないでしょう。

 

そして、カードローン会社から借り入れ可能だと判断されれば、カードローンの利用ができ、カードが発行されます。
カードが自宅に郵送されるのを避けたい場合やなるべく早く借り入れをしたい場合は、自動契約機でカード発行をすることができます。

 

カードが発行されたら、ATMで借り入れができます。コンビニや銀行などの提携ATMも利用可能です。

 

 

学生が審査を通る上で重要なポイント

①20歳以上である

学生がカードローンに申し込むときに必要な最低条件は年齢です。
未成年者は、カードローンなどのあらゆるキャッシングに申し込むことができません。

 

②アルバイトなどで定期的な収入があること

アルバイト収入が定期的で安定していれば借り入れができます。
審査で重要になるのは収入金額よりも収入の安定性なので、一年以上の勤続年数が必要となります。

 

③嘘の申告はしないこと

申込んだ時の情報と、実際の情報とに違いがあったとしたら審査に落ちる原因となります。
年収や勤続年数など、嘘をつかずに正確な情報を知らせるようにしましょう。

 

④同時にいくつものカードローンに申し込まない

すぐに借りたいと思いいろいろなカードローン会社に手当たりしだい申し込むのはおすすめできません。
短期間に復数の申込みを行うと「かなりお金に困っている」とみなされ審査で不利になります。
申し込むカードローン会社は1社か2社程度に厳選するようにしましょう。

 

 

学生がカードローンを利用する目的は?

最近の学生は、昔の学生とは違い生活費が足りずに借入をするという人は少なく、友達と遊んだり、欲しいものを買ったり、学生生活をエンジョイするために借り入れをするという人が増えています。
では、具体的にどのような目的で利用しているのでしょうか。

 

主な利用目的は、

1.交際費
2.物品購入費
3.旅行費
4.携帯電話、スマホの代金
5.運転免許取得の費用

となっています。

 

その他にも冠婚葬祭や引っ越し、学費、資格取得、留学資金など、様々な理由でカードローンを利用している学生が増えています。
消費者金融のイメージが以前に比べかなり改善されたこともあり、若者の借金へ対する印象も、最近は変わってきているようです。

 

 

本当に親にバレずにカードローン出来るの?

学生がカードローンに申し込みたいと思っても、気になるのは親にバレないだろうかということではないでしょうか。

 

カードローンは保証人も必要ありませんし、学生証や免許証などの本人確認書類の提出で審査を進めることができますので、特に親に伝えなくても申し込みすることが可能です。

 

WEB申し込みをした場合は、申し込み確認の電話がかかってきますが、携帯番号を書いておけばOKです。
電話連絡の時間帯などを指定することもできますので、申し込みの時に相談しておくと良いでしょう。

 

また、意外に忘れがちなのがキャッシュカードの存在です。
キャッシュカードの存在で借り入れがバレてしまうということもありますので、キャッシュカードや預金通帳など、お金の流れが分かるものはしっかり管理しておくことも大切です。

 

返済に遅れてしまうと郵便物が届く可能性がありますので、返済をきちんと行うこと、もし遅れそうな場合はこちらから連絡をいれておくということも忘れないようにしましょう。

 

 

しっかりと返済計画を立てることが大切

せっかく親にバレずに借り入れをすることができても、返済が滞ってしまうと自宅に郵便が来たり、結局は親に泣きついてしまうという事態に陥ってしまうこともあり得ます。

 

借り入れをすることができたら、まずはしっかりした返済計画を立てましょう。
返済日や、毎月の返済額・利息総額・返済総額・返済回数などをきちんと把握しておくことが大切です。

 

多くのカードローン会社では、「返済シミュレーション」することができます。
インターネットで簡単に借入額や毎月の返済金額、返済回数などを算出でき、そこから実際の返済回数や毎月の返済額を設定することで無理なく返すことができるプランを立てることができます。

 
 

 

アーカイブ